Google Chrome で Web サイトが安全ではないという警告を修正する方法

Google Chrome で Web サイトが安全ではないという警告を修正するには、次の簡単な手順に従ってください。

  1. Google Chrome を開き、ブラウザ ウィンドウの右上隅にある 3 本の線をクリックします。
  2. 表示されるメニューから [設定] を選択します。
  3. [詳細設定] の下にある [サイト セキュリティ] タブをクリックします。
  4. [コンテンツ設定] の下の [Web セキュリティ] セクションで、[サイトのセキュリティ警告を有効にする] がオンになっていること、およびその下の [信頼済みサイト] リストに Web サイトのドメインがリストされていることを確認します。
  5. [OK] をクリックして変更を保存し、Google Chrome を閉じます。

私のウェブサイトが安全でないと表示されるのはなぜですか?

Web サイトが「安全ではありません」と表示される理由はいくつかあります。

理由の 1 つは、Web サイトを安全にするために適切に構成していないことです。サイトを安全にするには、セキュリティ証明書をセットアップし、SSL/TLS 証明書をインストールし、Web サーバーを正しく設定する必要があります。

もう 1 つの理由は、Web サイトを構築する際に、古い技術や安全でない技術を使用している可能性があることです。たとえば、古いバージョンの Internet Explorer や Firefox を使用している場合、サイトの安全性が十分でない可能性があります。サイトの安全性を高めるために、可能であればこれらのブラウザをアップグレードする必要があります。

最後に、一部の Web サイトは単にセキュリティを考慮して設計されておらず、追加の対策 (データの暗号化など) を行わなければ完全に安全にすることはできません。この場合、サイトをよりアクセスしやすくするか、別のプラットフォームに移行することがより良い解決策になるかどうかを検討する必要があります.

Web サイトを SSL で安全にするにはどうすればよいですか?

ウェブサイトをより安全にするためのヒントは何ですか?Web セキュリティのベスト プラクティスは何ですか?Web サイトがハッキングされていないことを確認するにはどうすればよいですか?Web サイト用のパスワード マネージャーを作成するにはどうすればよいですか?いくつかの一般的な Web セキュリティの脅威と、それらを防ぐ方法を教えてください。Web サイトをオンライン攻撃から保護するのに役立つ、お勧めのツールやリソースを教えてください。

ウェブサイトをより安全にする方法はたくさんありますが、まず強力なパスワードの使用やウイルス対策ソフトウェアのインストールなどの基本的な予防策を講じることから始めます。次のヒントに従って、Web サイトのセキュリティを向上させることもできます。

強力なパスワードは、ハッカーに対する防御の最前線です。パスワードが 8 文字以上で、文字と数字の両方が含まれていることを確認してください。「パスワード」などの推測されやすい言葉や、生年月日などの簡単にアクセスできる個人情報は使用しないでください。パスワードは、コンピューターのパスワード マネージャーなどの安全な場所に保存して、すべてを覚える必要がないようにします。

ウイルス対策ソフトウェアは、コンピューターをウイルスやその他のマルウェア感染から保護するのに役立ちます。ラップトップ、デスクトップ コンピューター、電話、タブレットなど、すべてのデバイスに最新の保護がインストールされていることを確認してください。誰かがあなたのデバイスをマルウェアに感染させたと思われる場合は、サポートを求める前にウイルスを除去するための手順を実行してください。

Google Chrome Web Store または Microsoft Windows Update Center から入手できる最新のセキュリティ パッチと機能を使用して、あなたの Web サイトを含むすべての Web サイトを最新の状態に保ちます (Windowsログイン資格情報 (ユーザー名とパスワード) と、ユーザーが知っているもの (スマートフォンに送信される 2FA コードなど) である. これは、誰かが誰かのログイン資格情報を盗んだり推測したりした場合に、アカウントへの不正アクセスから保護するのに役立ちます.

  1. 安全なパスワードを使用する
  2. ウイルス対策ソフトウェアをインストールする
  3. ウェブサイトを最新の状態に保つ
  4. .これらのアップデートには、適切に保護されていない場合、ハッカーによって悪用される可能性がある既知の脆弱性に対する修正が含まれています。
  5. 二要素認証 (2FA) を使用する

SSL 証明書とは何ですか? 自分の Web サイトに SSL 証明書が必要ですか?

SSL 証明書は、Web サイトを不正アクセスから保護するのに役立つセキュリティ手段です。SSL 証明書を購入すると、目的の受信者のみがアクセスできる一意の ID がサイトに送信されます。つまり、誰かがあなたのウェブサイトのトラフィックを傍受して閲覧したとしても、あなたの機密情報を読み取ることはできません.

SSL 証明書は、「セキュア ソケット レイヤー」または「https」証明書とも呼ばれます。多くの場合、機密性の高い顧客データや財務情報を扱う Web サイトで必要になります。SSL 証明書がない場合、訪問者が Web サイトにアクセスしようとすると、警告メッセージが表示されることがあります。SSL 証明書がない場合、一部のブラウザーはページの読み込みをまったく拒否する場合もあります。

Web サイトに SSL 証明書が必要かどうか不明な場合は、資格のある Web 開発者に連絡することをお勧めします。資格のある Web 開発者は、SSL 証明書が必要かどうかを判断し、適切に設定する方法についてアドバイスを提供します。

WordPress サイトに SSL 証明書をインストールする方法

WordPress サイトをできる限り安全にするためにできることがいくつかあります。WordPress サイトに SSL 証明書をインストールする 1 つの方法は、次の手順に従うことです。

  1. WordPress サイトにログインし、[設定] メニューに移動します。
  2. [セキュリティ] タブをクリックし、[SSL 証明書] ボタンをクリックします。
  3. 次の画面で、使用可能な証明書のリストから証明書を選択するか、カスタム ドメイン名を入力できます (ある場合)。
  4. 証明書を選択したら、[新しい証明書の追加] ボタンをクリックし、証明書の詳細 (シリアル番号を含む) を入力します。
  5. 画面の下部にある [変更を保存] をクリックし、任意のブラウザ ウィンドウで HTTPS リンクをクリックしてサイトをテストします。

「あなたの接続はプライベートではありません」の修正Chrome でメッセージ?

Chrome で「Your connection is not private」というメッセージが表示される場合は、ブラウザが安全な接続を使用していないことを意味します。これを修正するためのヒントを次に示します。

  1. ブラウザが最新であることを確認してください: 更新を確認し、利用可能なセキュリティ パッチがあればインストールします。
  2. 別のブラウザーを使用する: Chrome を使用してもうまくいかない場合は、Firefox、Safari、または別のブラウザーを使用してみてください。
  3. HTTPS Everywhere を有効にする: これにより、すべての Web サイトがデフォルトで安全な接続を使用するようになります。詳細については、https://www.eff.org/https-everywhere/ を参照してください。
  4. VPN を使用する: それでも安全に接続できない場合は、VPN サービスを使用してトラフィックを暗号化し、第三者 (ハッカーなど) による盗聴から身を​​守ることを検討してください。

WordPress サイトの安全でない警告を修正する簡単な手順は?

WordPress サイトの安全でない警告は、いくつかの簡単な手順で修正できます。まず、WordPress の最新バージョンを使用していることと、セキュリティ設定が最新であることを確認してください。次に、プラグインまたはテーマのいずれかが警告を引き起こしているかどうかを確認します。その場合は、問題が解決するまでそれらを無効にするか削除してください。最後に、すべてのパスワードとユーザー アカウントが適切に保護され、安全に保管されていることを確認してください。

Firefox でセキュア接続失敗エラーを修正する 4 つの方法は?

  1. ブラウザが最新であることを確認してください。
  2. 最新バージョンの Firefox を使用しているかどうかを確認します。
  3. [ツール] > [オプション] > [セキュリティ] に移動して、Firefox のセキュリティ設定をリセットしてみてください。
  4. [ツール] > [設定] > [全般] に移動して、Firefox のすべての設定をリセットします。
  5. 使用していない、または信頼していないアドオンを無効にし、信頼できる拡張機能のみが Firefox で有効になっていることを確認します (詳細については、このガイドを参照してください)。
  6. 可能であれば、Chrome や Safari などの別のブラウザーを使用して、問題が解決しないかどうかを確認します。
  7. 問題の解決については、ホスティング プロバイダーまたはウェブマスターにお問い合わせください。問題が最初に発生してからセキュリティ対策が更新されている可能性があり、ガイドラインやポリシーに準拠するために特定の手順に従う必要があります。

Web サイトが安全でないと表示されないようにするにはどうすればよいですか?

ウェブサイトをできる限り安全にするためにできることがいくつかあります。まず、Secure Sockets Layer (SSL) 証明書を使用します。SSL は、ブラウザとサーバーの間でデータを暗号化し、第三者が情報を傍受または改ざんすることをより困難にします。さらに、パスワードが強力で一意であることを確認してください。最後に、ソフトウェアとブラウザのセキュリティ アップデートに注意してください。これらの脆弱性がハッカーに悪用される可能性があります。これらの対策をすべて行っても問題が解決しない場合は、専門のセキュリティ コンサルタントを雇うことを検討する必要があります。彼らはあなたのウェブサイトのセキュリティ体制を評価し、必要な変更を推奨するのに役立ちます.

トラブルシューティング: このサイトは安全ではありません |アドビ コネクト 9?

サイトへのアクセスに問題がある場合、または一部のページが正しく読み込まれていないことに気付いた場合は、Web サイトが安全でない可能性があります。問題をトラブルシューティングして修正するためにできることがいくつかあります。

  1. ブラウザのセキュリティ設定を確認してください
  2. Web サイトで SSL/TLS 証明書を確認する
  3. 古いソフトウェアとセキュリティ更新プログラムを確認する
  4. クロスサイト スクリプティング (XSS) 保護を有効にする
  5. 強力なパスワードを使用し、ウェブサイトのすべてのアカウントで一意であることを確認してください
  6. Web サイトの Web ホスティング プロバイダーのセキュリティ ポリシーを確認する

このサイトはセキュリティで保護されていませんというエラー メッセージが表示される - Windows ヘルプ?

Web サイトが安全ではないというエラー メッセージを修正するには、いくつかの方法があります。

1 つは、Web ブラウザが最新であることを確認することです。これを確認するには、Web ブラウザの [ヘルプ] メニューに移動し、[Internet Explorer または Firefox について] を選択します。利用可能なアップデートがある場合は、それをインストールする必要があります。

もう 1 つできることは、コンピュータのセキュリティが適切に構成されていることを確認することです。これには、ウイルス対策ソフトウェアのインストール、ファイアウォールの使用、セキュリティ パッチによるコンピュータの最新状態の維持が含まれます。

最後に、Web サイトでパスワードを設定している場合は、パスワードのリセットを試すことができます。これを行うには、Web サイトのログイン ページに移動し、適切なフィールドにユーザー名とパスワードを入力します。それでもうまくいかない場合は、ウェブサイトの管理者に連絡してサポートを求める必要があるかもしれません。

解決済み: このページを安全にする方法はありません – エラー...?

このページを安全にする方法はありません。Web サイトのセキュリティの問題につながるエラーには、複数のサイトで同じパスワードを使用する、ソフトウェアを更新しない、トラフィックを暗号化しないなどがあります。オンラインの脅威から身を守るには、強力なパスワードを使用し、ソフトウェアを定期的に更新してください。最後に、トラフィックを暗号化して、不正アクセスから身を守ります。

サイトが安全でないとはどういう意味ですか?- マイクロソフトエッジ?

Web サイトが安全でないということは、サイトのセキュリティ対策が標準に達していないことを意味します。これには、脆弱なパスワード、2 要素認証なし、および情報をより安全にするその他の単純だが重要な手順が含まれる場合があります。

Microsoft Edge には、HTTPS Everywhere や Chrome セキュリティ機能など、最も一般的なセキュリティ機能の一部が組み込まれてサポートされていません。ただし、Web サイトのセキュリティを向上させるのに役立つ拡張機能やブラウザー アドオンはたくさんあります。

Web サイトをより安全にするための 4 つのヒントを次に示します。

.

  1. 強力なパスワードを使用する: オンラインで自分自身を保護する最善の方法は、強力なパスワードを使用することです。各パスワードは 8 文字以上の長さで、少なくとも 1 つの数字と 1 つの文字が含まれていることを確認してください。簡単に推測できる言葉や、生年月日やソーシャル メディアのログイン資格情報などの簡単にアクセスできる個人情報は使用しないようにしてください。
  2. 2 要素認証を有効にする: 2 要素認証は、許可されたユーザーのみがアカウントにアクセスできるようにするのに役立ちます。アカウントにログインし、画面の右上隅にある [2 要素認証] オプションをクリックして、2 要素認証を有効にすることができます。次に、携帯電話に送信されたコード、またはコンピューターのアプリに入力されたコードを入力するよう求められます。
  3. HTTPS Everywhere をインストールする: HTTPS Everywhere は、Firefox、Chrome、Opera、および IE 用の無料の拡張機能で、ブラウザーと Web サイト間のすべてのトラフィックを暗号化します。HTTP (HTTPs) サイトと SSL (TLS) サイトの両方で動作します。これらのサイトは、https://www.googleapis.com/auth/sslrequests/ で保護されていることが Google によって検証されているサイトです。Firefox または Chrome で有効になっている HTTPS Everywhere を使用してサイトにアクセスすると、設定でサイトが TLS 暗号化を有効にして保護されていることが検出されると、Microsoft Edge はトラフィックの暗号化を自動的に開始します。" -https://www.microsoftedge.com/ en-us/security/howtosecureyourwebsite/?ocid=iehp
  4. セキュリティ ソフトウェアを使用する: Web サイトのセキュリティを強化するもう 1 つの方法は、ウイルス対策ソフトウェアやファイアウォールなどの安全ソフトウェアを使用することです。これらのプログラムは、ダウンロード時にファイルをスキャンするため、悪意のあるコンテンツが存在するかどうかを、コンピューターに損害を与える前に知ることができます。また、Web サイトの脆弱性を悪用しようとするハッカーなどの外部ソースからの攻撃から保護するのにも役立ちます。 -